プチプラ大好きでも大丈夫!アラフォーがぼやく
*
ホーム > おもしろ > タイプ別のトレード

タイプ別のトレード

FXには幾つかの取引の仕方があります。

これはやり方が異なるのではなく、取引にかける時間を主として分類がされています。

あまり多くの利益を求めない場合は、長期取引として、銀行預金のようにある程度のリスクが大きすぎない通貨を保持し、ある程度利益が見込めるようになったらまとめて決済すると言う方法で、利益は少なめですが、銀行の利子に比べたら格段に多くのリターンは見込め、またロスカットと言う取引によってお金を失うと言う確率もかなり低いです。

一般的に多く行われているのは、デイトレードといって、一日の中で何度も売り買い取引をして、利ざやを稼ぐと言う方法です。

人によっては5分間程度の時間でも、利益が見込めるとなったら即決済をして、その繰り返しで利益を得ると言う人もいます。

多くの人は、時間単位でのトレンドを見て、波に乗っていると見たらしばし保留し、そろそろ限界という時点で決済と言う方法を取っています。

この方法は、一日で多くの利益を稼げる半面、取引通貨単位も多くなるので、長期取引のように決済しないで置くと、眠っているうちに市場が大きく変動するなどのリスクがあるので気をつけましょう。

http://www.verbodenvoorouders.com/category/fxをはじめる前に/